場所別のシミ:頬のシミ


頬、それも両頬に広がるシミで悩んでいる女性は多いです。


私も、一番気になるのはやはり頬にできてしまったものです・・・


頬のシミの場合、シミの種類の中でも「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるものが多いです。

20代以降に発生するケースがほとんどとのこと。

原因には、女性ホルモンが関係しているのだそうです。

妊娠や出産の時期に色が濃くなったり、
月経の周期にしたがってその色調が変わり、
濃淡にも変化ができてくるのだそう。

これには私は気づかなかったです~。


肝斑の場合、頬骨に沿って、見た目は、薄い茶色の色素斑が、点状、または広範囲にもやっと広がっているのが特徴です。


ストレスが原因によるシミは、頬にできやすいと言われています。

肝機能が弱まることによってシミになってしまうそう。

ホルモンバランスの乱れも、
ストレスによるものである場合があります。

結局お肌も自律神経がコントロールしているんですね~


まさにストレスはお肌の大敵!ですよ。


ストレスに負けないお肌を目指すほかありません。

しかも肝斑には、美白化粧品は効果がないようです(- -;)


ストレスに対抗するために、ビタミンCを摂ると良いですね。

トマト、イチゴ、キウイ、アセロラなどはオススメですよ。


また、腎臓の機能が低下している場合、
頬の外側にシミができることもあるそうです。

こういった、内臓トラブルによるシミには、肝機能を強化する食材がシミ改善に効果があります。

シジミやたこ、イカなどを積極的に食べると良いですね。



次の記事 » 頬のシミ(肝斑)に効くトランシーノ

前の記事 » 場所別のシミ:こめかみのシミ


頬のシミの代表的なものに肝斑があります。頬骨に沿って広範囲にあるシミなら肝斑の可能性が高いです。