場所別のシミ:手の甲のシミ


手の甲にできてしまったシミで悩んでいる人、
けっこういるんですよね。

顔のシミ対策は万全なのに、手のほうはノータッチ・・・
なんてことも多いのではないでしょうか?(^▽^;)


手も、顔同様に紫外線にさらされています。

したがって、顔にするように、手にもお手入れが必要なんですね。

あと、手って意外と年齢がでます(- -;)

手がしわだらけだったり、しみだらけだったりするととたんに老けて見られがちです。
気を付けましょうね!


美白成分配合のハンドクリームを塗りましょう

顔のお手入れと違うのは、手は1日に何回も洗うということ。

美白成分配合のクリームは、洗うたび流れ落ちてしまいますから、
毎回しっかり塗りなおしましょう☆

市販のものは、保湿や肌荒れ向けのものが多いですが、
美白効果のあるものを選ぶといいですね。

もし、手持ちのハンドクリームを使いたい場合は、
ビタミンC誘導体入り美容液や、パウダーを混ぜ込んで使うと
美白クリームに変身するそうですよ♪

1日に何度も塗りなおすのが大事です。

それによって美白成分がお肌にしっかり浸透します。

手のお手入れにも、ビーグレンの美白スキンケアシリーズでの3ステップのお手入れはオススメですよ。

浸透技術のスゴさを、実感できるはずです。

朝と晩には、クリームの前にシムホワイト377配合の保湿ローションをお顔に付けた残りを手の甲にしみこませましょう。

お肌が柔らかくなって、クリームの浸透力がちがってきますよ。

夜の顔のお手入れのついでに、手もお手入れしてあげましょう☆


ハンドマッサージで血行を促進しましょう

マッサージをすることで、クリームなどの浸透がより良くなります。

また、お肌にツヤやうるおいも期待できます。


ふだんのUVケアも、もちろん大切です。

運転時も、手袋などでしっかりガードしましょうね。




次の記事 » 場所別のシミ:背中のシミ

前の記事 » 目の下のシミに効くのは?


顔はしっかりUVケアしても手は放置・・また手は1日に何回も洗うので常に美白ケアをしないと手の甲がしみだらけなんてことに。