場所別のシミ:目の下のシミ


自分の顔を鏡でよ~く見ると、目の下にシミが。泣

それも、ちょっと大きめ。。。

これは気になりますよね。


目の下にシミができるのは、30~40歳代の女性に多いんだそうです。

その大きさを観察してみて、そばかすのように小さい斑点でなければ、
肝斑(かんぱん)の可能性が考えられます。


肝斑とは、目の下や口の周辺などに、左右対称に現れることが特徴のシミであると言われています。

色は淡い褐色で、大きさは比較的大きめ。

原因は、紫外線のほかに、女性ホルモンの乱れが関係しているのではと考えられています。

なので、年齢が比較的若くても、
妊娠やストレスなどでできてしまうこともあります。


肝斑は、その大きさゆえ目立つため、すぐに消したい!と
思う人もいるかもしれません。

しかし、
肝斑ができる=肌が弱っている、と言えるのでレーザーによる治療はできません。

レーザーによって、逆にシミが濃くなることもあるそうなので、気をつけましょうね!


大半の原因が女性ホルモンの乱れによるもの。

まずは女性ホルモンの働きを正常にするためにも、やはり極力自分のストレスを減らしましょう。

十分睡眠をとることも大事ですよ。



次の記事 » 目の下のシミに効くのは?

前の記事 » 唇のシミに効く美容液


目の下のシミで一番多いのは肝斑(かんぱん)。肝斑ができる原因は紫外線だけではなく女性ホルモンの乱れも関係します。