場所別のシミ:唇のシミ


唇のシミに悩んでるっていう人、いませんか?

あるいは、今鏡を見たら、シミを見つけた!っていう人も、
いるかもしれません(- -;)


唇のシミの原因の多くは、そのクレンジング不足にあるといわれています。


唇も顔同様、メイクの後はクレンジングでしっかり口紅を洗い流さなければならないんですね~。


もちろん、落ちにくい口紅を使ったあとは、
専用のクレンジングなどで落とすと思います。


問題は、そうでない、薄づきのものを塗っていたとき。

また、口紅を塗って、食事をしてほとんど色が落ちてしまったかのように見えるとき。


要注意です!(私は、このパターンでした・・・)


口紅の油分は、残ったままなのです。

そして、その油分の長年の蓄積が、紫外線に当たることでシミとなって現れるのです。


洗い方にも注意です。


オイルクレンジングや油性ジェルクレンジング、
またはふき取り専用のクレンジングでは唇には刺激が強すぎることがあります。


荒れないように、水性ジェルタイプのものや、クリーム状のものを選ぶようにしましょう。


洗うときは、指の力を抜いて、唇の周囲から円を描くように
じょじょに馴染ませていきます。

口を「エ」の発音のときのように、横に広げて、
唇の縦皺の間に残った口紅も上下にしっかり落としていきましょうね!


洗顔後に、化粧水や美容液などをお肌同様につけるのも良いです。


唇にうるおいを与え、シミができにくくなりますヨ!


すでにできてしまったシミは、これらのようなお手入れをすれば少しずつ消えるそうですから、
やっぱり日々のケアが重要です(`・ω・´)


⇒ 唇のシミを消すクレンジングでオススメはどれ?

⇒ 唇のシミに効く美容液は?



次の記事 » 唇のシミを消すクレンジング


唇にもシミが!? 意外とクレンジング忘れになるのが唇なのでシミができやすいポイントでもあります。