そばかす除去、そばかす治療


そばかすを除去するには、ケミカルピーリングやレーザー治療などが考えられます。


ケミカルピーリング

フルーツ酸の1種であるグリコール酸などを皮膚に塗り、
表皮の部分の古くなった角質を科学的に融解。

剥がれ落ちることで除去されます。

代謝が落ちている皮膚に対し、角質と角質の接着をゆるめることで、
古い角質が剥がれ落ちやすくなります。

これによってそばかすが除去されるのですね。

この治療を受けると、軽度の炎症が皮膚に起こります。

その炎症反応によって表皮の再生を促進させるとのこと。

また、角化細胞の形状や並びを整え、角質層の構造と機能を改善させる作用があります。

なので、このピーリングよって肌が本来持っている、
きめが細かくハリのある性質を取り戻す効果もあります。


レーザー治療

レーザーは、色素の部分にだけ反応するのでそばかすには高い効果が期待できます。

レーザーを照射することで、そばかすのみを分解。

そばかすの部分以外にはレーザーは反応しないので
その他の肌を傷つけることもありません。

皮膚をメスで切ったり縫ったり、
血が出たりということは一切ないやり方です。

治療時は、患部には麻酔注射などはせずに、
クリーム状の麻酔を塗ります。


レーザーもケミカルピーリングも、一度のみでなく数回の施術を受ける必要があります。


やはり数ヶ月かかると考えた方がよいですし、その分費用もかさんでいきます。


また、基本的にはお肌を一旦痛めつけて(レーザーだと火傷させて)皮膚の再生を促すことで
そばかすを消す方法ですから、特にレーザー治療の後の傷跡は注意が必要です。

傷口に紫外線が当たると、逆にシミができてしまいますし、
絆創膏で覆わないと、傷跡がへこんだままになってしまうことも。


その点、十分ご注意くださいね。



次の記事 » そばかすに効く薬

前の記事 » そばかすを消す化粧品


そばかす除去、そばかす治療について。ケミカルピーリングとレーザー治療などが考えられます。