そばかすとは


そばかすとは、体の紫外線の当たる箇所にできる、
淡い茶色の点状の小さなシミです。


医学的には、雀卵班ともよばれています。


炎症はなく、大きくても小豆大程度の大きさです。

色白の人にできやすいと言われています。

遺伝が原因であるケースが多いようですね。


発生は5-6歳からで、思春期を過ぎるとしだいに目だってきます。


遺伝以外の原因としては、皮膚内のメラニン色素の増加があげられます。


大量の紫外線を浴びてしまうと、メラニン生成の活動が活発になります。

紫外線からお肌を守ろうとするのですね。

しかし、メラニン色素が増えてしまうと、
体外に排出されずに表皮に残ってそのまま沈着してしまいます。

新陳代謝が悪くなることでターンオーバーが乱れ、
メラニンが沈着しやすくなるということもあります。

ホルモンのバランスの変化がそばかすを引き起こすこともあるそうですよ。


そばかすは本来、年齢を重ねる毎に薄くなるとされています。

ただ、スキンケアが不十分であったり間違っていたり、
紫外線対策を怠ることでそばかすが増えてしまうこともあるとのこと。

注意が必要ですね。


お肌のケアでは、きちんとした洗顔の後に、じゅうぶんな保湿を心がけること、
1年を通して日焼け止めを塗ったり、
日傘や帽子・サングラスなどで紫外線をブロックすることが
大事になってきますね☆ 


お肌のターンオーバーを乱さないことがポイントですね。


ビタミンCの摂取は、そばかすにも効果があります♪



次の記事 » そばかすの種類


そばかすができる理由。本来、そばかすは年齢と共に薄くなるといわれていますが、逆に増えてきたとしたらヤバイです。