日焼け止めクリームの選び方


またシミが増えちゃった・・・きちんとケアしていたはずなのに・・・
そんな思いを抱きながら消えないシミやそばかすを鏡の前でじっとみつめていませんか?


シミ・そばかすをできるだけ増やさない!つくらない!
を実践するための対策と予防を確認しておきましょう。

日焼け止めクリームの選び方

紫外線をカットする日焼け止めクリームに記載されている
「PA+」や「SPF50+」をご存知でしょうか?

PAは「プロテクション グレイド オブ UVA」の略で"UV-A防御指数"といいます。
SPFは「サン プロテクション ファクター」の略で"紫外線防御指数"といいます。

これは紫外線を浴びた際にできる皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を
最長何倍にのばすことができるかをあらわした数字です。


例えば、SPF30の日焼け止めを使用した場合、
赤い斑点があらわれる時間を約30倍にのばすことが可能ということです。


ということは?


PAの"+"が多いほどUVA防御指数が高くなり、SPFの"+"多いほど
紫外線防御指数が高くなるということです。

日本国内でのSPFの上限は50+となっており、
それ以上の数値であっても効果はさほどかわらないといわれています。


シミやそばかすを防ぐために「PA」や「SPF」の数値が高いものは効果が大きく良いと思いますが、
数値が高いがゆえにクリーム自体が酸化し肌を乾燥させるなど負担をかけてしまう恐れがあるというマイナス影響も考えられます。

数値の高いものは夏の陽射しが強い時期の海水浴やスポーツを楽しむ場合にだけに使用し、
普段の生活をする上であまり日にあたらない場合や
日中をオフィスなどで過ごすことが多い方は、
若干低めの数値のものを使うなどして何種類か使い分けをするとよいでしょう。


絶対に焼けたくない!という強い思いから、
日焼け止めクリームを厚塗りしてしまう場合がありますが
クリアータイプ、さらっとタイプなどお好きのテクスチャーをみつけ
ご自身のライフスタイルにあったUVコスメを選ぶとよいでしょう。



次の記事 » DHC薬用V/C美容液

前の記事 » Cセラム 美白美容液


日焼け止めクリームの選び方の基本。PA+やSPF+について。普段は50+のUVクリームを使う必要はないですよ。