シミを隠す方法


シミを隠すにはコンシーラーで隠すのが一般的ですよね。


ただ、一生懸命隠しても、時間が経ってふと鏡を見るとシミが出現してしまってることも。


コンシーラーでは、完全にシミを隠すのはやはり難しいようです(> <)


カバーはできても、時間の経過とともに、摩擦や汗などによって
どうしても落ちてきてしまうんですよね。


でも、コンシーラーを上手に使うことで、より効果的にシミを隠すことができますよ!


隠したいものはいろいろありますが、
シミのような「点」状の箇所には、硬めの、固定性が高いものを選ぶことが大事なようです。


色は普段つけているファンデと同じ色がベスト!


気になるシミの上にコンシーラーをはみ出すぐらい「大きめに」乗せます。


ここでポイントですが、全部をぼかしてしまうのではなく、
「コンシーラーとお肌の境目の部分のみ」を、なじませぼかしていきます。


指で触るとどうしても、せっかくのカバー力が落ちてしまいますからね~


なので、綿棒、ブラシの先などを使って、お肌との境目の所だけのばしましょう。


もうひとつのポイントは、
シミをカバーしたコンシーラーの部分はゼッタイに触らないようガマンすること☆


仕上げに上からパウダーを乗せましょう。


これで、シミはだいぶ目立たなくなりますよ!


私も試していますが、以前よりメイクでシミが隠せるようになりました(^ ^)


また、メイクも、アイメイクにポイントを持っていくとか、
唇をぽってりさせたりすることで、
シミの方が目立たなく感じる、っていう効果もありますね。


コンシーラーでシミを隠すポイント☆
コンシーラーとお肌の境目の部分のみをなじませること!
シミをカバーしたコンシーラーの部分はゼッタイに触らない!




次の記事 » シミを隠す化粧品

前の記事 » シミとそばかすの違い


コンシーラーを上手く使ってシミを隠してしまいましょう。シミをメイクで隠す方法