シミの種類


増えてしまった顔のシミ。

気にはしてたけど、この間、久々にあった姉に
「なんかシミ増えた? スキンケアしてる?」
って、言われてしまった・・・orz


やっぱ気づく人は気づくのね、、、。
シミって消えるものなんだろうか。


そもそもなんでシミが急に増えてしまったんだろう、って
ちょっと調べてみたら。

シミひとつでも種類にはいくつかあるんですね~~。

これは知りませんでした。

シミの種類をまとめてみるとこんな感じ。


肝斑

これが、よく「シミ」といわれているもの。

色は褐色で、場所は額、頬、目や口のまわりなどに出てくるもの。

皮膚の、表皮の一番下にあるメラノサイトという
色素形成細胞によってメラニン色素が作られて、
紫外線によって増加すると。

これが皮膚に沈着すると、このシミができるらしい。

そばかす

これは、日焼けすることによって
メラノサイトの細胞そのものが変質してできるもの。

年齢も関係なく、子供から大人まで。

やはり紫外線に浴びるとできるので、顔や手などにもできる。

スポット班(老人性色素班)

高齢者の額~頬にかけて見られる。

原因は不明で老化によるものとみられている。

よく、おじいちゃんの顔にできるアレですね。

肌の老化によるシミ

肌年齢の老化によるもの。

実年齢は関係なかったりします Σ(;゚ω゚ノ)ノ

ストレスや睡眠不足、紫外線、不規則な生活などが原因。


ざっとわけてもこれだけあるんですね。

まあはっきりしてるのは、お肌にストレスを与えないことー!

紫外線対策とストレスのない生活を心がけること、

お肌のケアをしっかりすること、ってところでしょうか。

では、美白効果のあるスキンケア、何を使おう。。。と
いろいろ探しています。

毎日素肌につけるものだから、
美白効果はもちろん、確かな品質のものを選びたいですよね。

最近、お肌がどんどん敏感になってきてる気がするし。

成分も気になるところです。

でも、さがせば自分にあったスキンケア製品が、きっと見つかるはず!^^



次の記事 » シミとそばかすの違い

前の記事 » しみに効くサプリメント


シミの種類について。シミと言っても肝斑、そばかす、スポット班(老人性色素班)、肌の老化などあります。